OPロゴ

コンダクタンス法では、バッテリーの電力供給量を決定する電子とイオン成分を評価してバッテリーの健康状態を診断します。この結果は、バッテリーに低電圧の交流(AC)電圧を周期的に印加し、その電圧に対する電流を測定してコンダクタンス値(印加電圧に対する電流比)を算出しています。
バッテリーは劣化すると電力供給量が低下し、コンダクタンス値も低下するため、コンダクタンス値を測定することでバッテリーの健康診断が可能となります。